出荷・輸送部門


生コンクリートは日本工業規格(JIS規格)において、練混ぜから荷下しまでの所要時間に一定の制限が設けられています。
当社は関越自動車道(圏央道JCT)鶴ヶ島ICへアクセス3分という好立地条件を最大限に活かすことで、より遠くの、より多くのお客様へ生コンクリートをお届けすることが可能です。
また、当社は準工業地域に立地し主要幹線道路へのアクセスが良いため、大型車両でもスムーズに時間効率の高い輸送業務を実施しています。

運搬時間(目安)
関越道鶴ヶ島IC ⇒ 花園ICまで 30分
所沢ICまで 25分
入間ICまで 25分
桶川・北本IC 25分
↑ページトップへ

img_ship02


工場出入口に設置された車両入退場センサー【TAG MASTER 光洋機械産業(株)】と、大型モニターにて工場内車両状況を輸送管理室にて把握。これによりタイムリーに生コンの練混ぜ・積込み・出荷ができ、遅延なくお客様のもとへ製品を届けできるよう努めています。
また、当社出荷担当者とお客様とで事前打設打合せを密に行うことで、よりスムーズな生コンクリートの納入を図っています。
img_ship04

↑ページトップへ

車両DATA
車 種 全 長
(mm)
全 幅
(mm)
全 高
(mm)
台 数
4t 5,870 2,170 3,060 15
7t 6,210 2,300 3,280 11
8t 6,340 2,300 3,350
10t 7,920 2,490 3,700 16


大型現場はもとより、狭あいで密集した市街地の中での打設にもきちんと対応できるよう車両体制を整えています。
また、他社生コン車リース会社と連携を図ることで、打設条件に対応した車両確保を実施しています。
安全に迅速にお客様へ生コンクリートをお届けするため、当社では自社車両整備工場を置き専門技術スタッフによる車両点検整備を日々実施しています。
img_ship05

自社大型整備工場

img_ship03img_ship06
運搬輸送業務を行う当社では、作業前整備点検はもちろんのこと、定期的に車両のメンテナンスを実施し永く安全に業務を遂行できるよう努めています。
img_ship07
整備可能台数:3台
2.9t天井クレーン

↑ページトップへ

トップページ > 工場概要 > 出荷・輸送部門